photo

★このページでは、講師が出演したライブや講師の日々の出来事を撮影し、写真をアップしています。

♪ライブレポート「THE TRIO JAPAN TOUR」

 山口武(g)、Ron Carter(b)、Lewis Nash(d)

8月4日、北新地の洋酒バー「サンボア」で行われたThe Trioのライブを見てきました。メンバーは山口武(Guitar)、ロン・カーター(Bass)、ルイス・ナッシュ(Drums)。山口さんは、僕のギターの師匠であり、日本を代表するジャズギタリストの一人です。ロン・カーターはマイルス・デイビスやハンク・ジョーンズ、ハービー・ハンコック、ジム・ホール等数多くのジャズジャイアンツとライブやレコーディングを行った最も著名なジャズベーシストです。ルイス・ナッシュは、ソニー・ロリンズ、スタン・ゲッツ、ミルト・ジャクソン等のバンドに参加した後、ピアノトリオの最高峰、トミー・フラナガン・トリオで活動し、現代ジャズシーンのトップドラマーの一人です。

ライブ会場となったサンボアは、ホールや一般のライブハウスとは違って、至近距離で彼らのプレイを見ることができる特別な場所であり、プレイヤーの息遣いや指の繊細なタッチが伝わってきます。このトリオがジャパンツアーを始めて今年で20年を迎えました。プレイに円熟味が増し、大人のジャズの魅力が伝わってきます。山口さんの愛器GIBSON SUPER-400が奏でる甘い音色がとても心地よく、ロン・カーターのベースとルイス・ナッシュのドラムとの息もピッタリ。観客は、極上のジャズ演奏に割れんばかりの拍手を送っていました。

曲目リスト

1.On Time(Yamaguchi original)
2.That’s All(Jazz standard)
3.Upper And Down(Yamaguchi original)
4.Body And Soul(Jazz standard)
5.Bass Solo
6.Cute(Jazz standard)
7.After Hours(Jazz standard)
8.Caravan(Jazz standard)
Encore The Battle Hymn of the Republic

 

♪ライブレポート「浴衣とボサノバギターの夕べ2018」

2018年7月29日、大阪北浜の雲州堂でuncherry bossa nova guitar school主催のライブ、「浴衣とボサノバギターの夕べ」を見に行ってきました。

1部は、兵頭宏さんによる弾き語りソロ。演奏の安定感には定評があり、唄声も低音で心地よく、聴いていて、暑さをしばし忘れさせてくれます。曲間のMCも楽しく、リラックスした雰囲気の中での演奏でした。

 

 

 

2部は、このライブのために急遽結成した吉田有希代さん(Vo・G)、吉岡 慶和さん(b)、西口 健一さん(G)のボサノバトリオ。ボサノバのスタンダードやJPOPなどを、トリオならではの音の厚みと、リズム感のある唄と演奏が会場をわかせていました。

 

 

 

アンコールでは、1部で演奏した兵頭さんも加わり、ジョビンの名曲、「三月の水」を演奏しました。

 

 

 

出演者全員が浴衣姿で、観客の中にも浴衣を着た人がいて、ボサノバと日本の夏がマッチした楽しいライブでした!


♪春のジャズ&ボサノヴァギターライブを開催

2018年3月25日、大阪・北浜のレーベルカフェでライブを行いました。           中之島の川沿いにあるおしゃれなカフェで、雰囲気も良く、気持ちよく演奏できました。