Instruments

★教室の使用ギター・ウクレレの紹介

教室にあるギター・ウクレレを紹介します。レッスン時はこれらのギター・ウクレレを無料でお貸しします(なお、Lowdenは講師が使用しますので、お貸しできません)。

★ガットギター・アコースティックギター編

Lowdenガットギター

アイルランド製のエレガットギター。仕事で東京に出張した帰りに御茶ノ水のギタープラネットで購入しました。アンプを通すと、とても甘い音が出ます。

 

 

 

TAYLOR(テイラー)ガットギター

ネックが本来のクラシックギターよりも若干細く弦高も低いので、弾きやすいです。ジャズギタリストの小沼ようすけ氏が愛用していることで有名。

 

 

 

 

 

ARIA  A-120F CWEフラメンコギター

音のボリュームがあるギターが欲しいという理由で購入しました。軽いし、ボディも薄めで扱いやすいギターです。         

 

 

 

        

Almansaクラシックギター

スペイン製のクラシックギター。僕がはじめて購入したクラシックギターです。乾いた音で、音色はスペインの香りがします。(スペインに行ったことないですが)

 

 

 

 

MARTIN D-28

購入してから十数年ほとんど使っていない友人から譲り受けたマーチンアコースティックギター。購入する前に試奏してみると、マーチン独特の高音シャリーンという音色が。これは素晴らしいってことで、すぐに購入しました。

 

 

 

Gibson ES-175

ジャズギタリストのジョー・パスが使用していたフルアコースティックギターGibsonES-175と同モデルのもので、1965年製です。数十年前にフルアコのビンテージ専門店で購入しました。まさにジャズの香りがするギターです。

 

 

 

 

Jean Larrivee(ジーン・ラリビー)

1990年代に制作されたカナダ産のアコースティックギターです。             知り合いから、プロのギタリストが手放すため、誰か買ってほしいという事で、頼まれた品です。音色はマーチン系のシャリーンといったきれいな音が鳴ります。また、ヘッドと指板には貝のインレイが施されていて、美しいです。

★エレキギター編

Gibson ES-335

このギターを購入したのは40歳代の頃です。その頃はフユージョンブームで、Cherry Red のES‐335を持てば気分はラリー・カールトンかリー・リトナー。音色は、ソリッドギターのタイトな立ち上がりやサスティーンとジャズギターの豊かな甘い響きがバランスよくミックスされています。

 

Fender Stratocaster Eric Clapton model

ヘッドにクラプトンのサインがされていて、購入したのは90年台でした。購入の際、楽器店の店員から「このギターにマーシャルアンプをつなげば、クラプトンと同じ音が出せますよ」ということを聞き、マーシャルアンプとセットで買いました。初めて音を出したとき、クラプトンのギターの音が出て感激したのを今でも覚えています。

 

Paul Reed Smith SingleCut/SC

僕がエレキギターを弾くときのメインギターがこのポールリードスミス。このギターを購入したときも40歳代でした。今、ポールリードスミスと言えば、大抵の楽器店で置いてあるメジャーなギターメーカーですが、当時は扱ってない所がほとんどでした。僕もこのときに初めて見たのですが、指板に精巧なバードインレイが施されていて、きれいなギターやなと思い、試奏してみたところ、音も素晴らしくすぐに購入しました。

★ウクレレ編

KoAloha(コアロハ) Soprano Longneck

コアロハのソプラノタイプのウクレレです。購入後、ピエゾピックアップを取り付けてエレウクレレにしました。

 

 

 

Hanalei(ハナレイ)HUK-10G

ボディがつやなしの初心者向けのウクレレです。シンプルなデザインで、つくりがしっかりしています。

 

 

 

KIWAYA(キワヤ) AFS-5G

キワヤのソプラノのウクレレです。(コメントはカテゴリーの楽器に掲載しています)